買い取ってもらう | 断捨離のすすめ、不用品の片付け・処分

段舎利のすすめ、不用品の片付け・処分

いらないものは買い取ってもらいましょう。

「捨てるのはもったいないな」という考えが一番断捨離から遠ざけてしまいます。

そこで発想をかえて捨てるのではなく買い取ってもらいましょう。すべての商品が買い取ってもらえるわけではないですが、お金にならないと思っていたものも買い取ってもらえるケースもあります。

いるものと使っているものを分けた後には不用品回収会社さんに一度連絡をしてみてください。

不用品回収会社は不要になったものを片付けてくれるだけでなく、買取も行ってくれます。特に家電などは高く買い取ってくれるようです。なかなか使っていない家電というのはあまりないかもしれませんが、冷蔵庫が2つあっていつか誰かが必要となるかもしれないからとっているものや、新しく買い換えて使用していないテレビなどがある場合は思い切って買取に出しましょう。

買取りの場合には捨てるというのとは違い、誰かが再利用してくれますので、もったいないという気持ちも軽減されると思います。

処分することに少し抵抗があるかたは、まずは「売る」という発想から断捨離をはじめてみてはいかがでしょうか??

貴金属は質屋にもっていく

昔の彼からもらったネックレスなどをお持ちのかたは質屋に持っていきましょう。

貴金属は年式にかかわらず買い取ってもらえることが多いです。

昔の彼からもらった貴金属を思い出としてとっておくのもよいですが、その思い出が次への出会いを邪魔することもあります。思い切って思い出を質屋にもっていくのも一つの断捨離だと思います。

思い出を質屋にもっていき、そこで得たお金で、新しい出会いの為に使用すると次への一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

いまの質屋さんは昔のように敷居の高いものではなくなっており、買取用のカウンターで気軽に相談することができます。私の近所では高価買取をしてくれる高山質店さんがあり昔のおもいでなどはこちらで買い取ってもらっています。

思い出も整理整頓して次への出会いに弾みをつけましょう。