整理整頓 | 断捨離のすすめ、不用品の片付け・処分

段舎利のすすめ、不用品の片付け・処分

整理整頓しましょう。

捨てるのも方法ですが整理整頓でも効果があります。

どうしても捨てられないというかたは、いらないものと使うものをわけ、いらないものはまとめて整理しておきましょう。

整理するときのポイントですが漠然といらないものを押し入れの中にいれるだけではなく、きれいに区分けしましょう。ここでも「分ける」癖を付けましょう。

例としては、まず引き出しのついた小さなタンスを用意します。お近くのダイソーやニトリなどで売られているあまり高価でないものがよいでしょう。

特におすすめなのは、クリアなものです。クリアなものですと中に何が入っているか目で確認できるため、何度も開けたり閉めたりする必要がありません。

小さいタンスの引き出しひとつひとつに何が入っているかを把握していらないものの中でも特にいらないものなどを分けて入れておきましょう。

きちんと整理しておくことにより、いざ捨てる時に簡単に捨てることができます。

不用品を捨てることができないかたは、まずは整理整頓から始めてみましょう。

整理整頓の効果

わたしの体験では整理整頓をきっちりしていると、心が落ち着きます。

これはわたしだけでなく、わたしの周りの方たちもみな口をそろえておっしゃります。

仕事の現場ではよく、デスクが散らかっている人は仕事ができない人といわれます。全員仕事ができないというわけではないですが、仕事ができない人が多いというのは事実だと思います。

きちんと物を整理整頓できるかたは、仕事も順序良く整理し、効率よく仕事を行われているのではないでしょうか?

皆様も朝出社した際にご自身のデスクが散らかってないか確認するのも断捨離の第一歩ではないでしょうか?